2020年2月25日火曜日

PIWU支部ニュース

2月17日郵政ユニオン本部

 賃上げ求め要求書提出

1 すべての郵政労働者の大幅賃上げ

・非正規社員月給23,000円以上

・非正規社員時給1,500円以上

・すべての正社員基本給20,000円以上

・高齢再雇用社員基本給30,000円以上

○すべての社員の夏季年末一時金を

年間4.4カ月とすること

2 非正規社員の処遇改善と正社員化

・制度・手当を社員と均等の待遇にするこ 

 と

3 正社員の手当の改善

   年末勤務手当を見直し前に戻し、支給すること

   通勤手当は本人申告の通勤経路を基本として全額支給すること

   住宅手当を以下のとおり改善すること

・借家借間については、家賃の60%にすること

・持ち家は1か月9,000円とし、ローン支払い期間中は補助すること

   年次有給休暇の発給数について

新規採用者の年次有給休暇の発給日を20日とすること


4 要員不足の解消・大幅増員・長時間労働の是正を求める要求

   要員不足の実態を把握し、解消の具体的対策を明らかにすること

20182019年度の時間外労働の状況

2019年度の1か月の時間外労働が45時間を超えた事業所などと、その月数

   長時間労働是正について

1日の所定労働時間を減らすこと

・労働時間の把握を徹底し。タダ働きをなくすこと

・時間外労働を減らす対策を講じること

   年次有給休暇が取得できる要員措置を講じること

   2020年度新規採用人数を明らかにすること

   超過勤務に依存した業務内容を、18時間労働で終わる業務内容に改善し、必要な要員を正社員で確保すること

   深夜勤務従事者は勤務間インターバルを13時間以上とすること

   労働力確保に向けての会社の考え方を明らかにすること

           ・・・ 等

 

 

2020年2月23日日曜日

PIWU支部ニュース2月12日号

2月10日 春闘要求書提出

大幅賃上げ!夜勤手当アップ!有給取れる増配置!

均等待遇!看護助手の正社員化!ユニフォーム改善!


郵政ユニオン東京逓病支部は2月10日、病院長に対して「2020年 春闘要求書」を提出しました。

全労連等の生計費調査では、全国どこでも普通に生活するには最低でも時給1500円が必要でした。東京では1700円程度が必要です。若い世代や、多くの非常勤職員の時給はこのレベルに届いていません。また、定期昇給の幅は以前より小さくなっています。ベースアップなしには賃金は増えません。

消費税が増えた今、賃金をあげて労働者を元気にすることは、会社にとっても日本経済にとっても重要です。


2020年 春闘要求書 【抜粋】

 

1)     2020年度の新賃金について

    すべての職種において時給単価が最低1500円以上となるように、本社に大幅賃上げを要望すること。

    時給制契約社員の最低賃金を1500円以上とすること。

    看護師の夜勤手当の増額を本社に要望すること。

2)     勤務時間管理について

    希望する時季に有給休暇が取得できるよう、必要な増配置等を行うこと。

    始業前に行われている業務について実態を把握し、時間外手当を支給すること。

    業務改善と勤務時間管理の指導を行い、始業前の業務をなくすこと。

    新採用者や担務異動後の職員など、状況により始業前の超勤命令を出し、不払い労働とならないようにすること。

    看護師の16時間夜勤における休息時間を42分延長し、所属長判断で付与できる最大限の時間とすること。

3)     非正規雇用の正社員登用・均等待遇について

    非正規社員の社宅入居・各種手当の支給など、正職員と格差のない均等待遇とするよう本社に要望すること。

    希望する看護助手を正社員として採用すること。

4)     医師・医療技術職のユニフォーム貸与について

      それぞれの職種の希望を取り入れたユニフォームを選定すること。

      看護職員と同じ枚数を貸与し、洗濯回数も同等にすること。

PIWU支部ニュース2月12日号

「戦争する国」はごめんです
   緊急署名にご協力お願いします。
自衛隊がペルシャ湾に派遣されました。

国会での討論もせず、閣議決定だけで押し通しての派遣でした。派遣理由は「調査・研究」となっていますがアメリカが求める「有志連合」に応える形になっているのは明らかです。

アメリカが一方的にイランとの核合意から離脱し、経済制裁を行い、イランの司令官を殺害する暴挙にで、戦争の危機を作っています。戦争が起きれば日本もその影響を受けるのは必至の状況です。

「憲法9条改憲NO!平和を守れ、3000万署名」の草の根の運動が大きく広がってきました。

どの世論調査でも安倍政権の下での改憲は反対が多数になっています。実際、衆議院議員憲法調査会で自民党改憲案を議論することはできず、改憲のための発議もできませんでした。

しかし、今年に入って、安倍首相は改憲の意思を強く表明し、現政権での9条改悪を行おうとしています。

今国会が大きな山場となるため、4つの団体が共同で改憲発議に反対する緊急署名に取り組むことになりました。

 是非ご協力お願いします。