2018年6月22日金曜日

6月8日支部ニュース



使える・役立つ制度メモ③ 休憩時間


昼休み、取れていますか?何分休んでいますか?
 労働基準法には「使用者は、労働時間が6時間を超える場合においては少なくとも45分、8時間を超える場合においては少なくとも1時間の休憩時間を労働時間の途中に与えなければならない」としています。8時間の日勤には45分の休憩時間があります。でも、8時間を超えて働かせるなら休憩は1時間以上与えなくてはいけません。残業中には不足する15分の休憩を取りましょう。
 労働基準法はさらに「休憩時間を自由に利用させなければならない」としています。だから、休憩時間には職場から離れても良いのです。外でランチしても良いのです。まあ、白衣から着替えて出かけるのは大変ですが・・・・
 休憩時間は賃金の対象とならない時間です。シッカリ休憩しましょう。



0 件のコメント:

コメントを投稿