2017年12月3日日曜日

11月28日支部ニュース

年末一時金 人事評価の結果が反映されます

 
郵政ユニオンは春闘時に年間一時金(ボーナス)4.4月要求し交渉してきました。

これに対して会社は年間4.0(夏期1.75月、年末2.25)との回答してきました。

 基準日は121日で128日以降の支給となります。


年末一時金は基本分が1.15月、業績分1.10月と分けられ、人事評価の結果が業績分に反映されます。

 A査定の人は2.98月、B査定の人は2.61月、圧倒的多くの人はC査定で2.25月となります。

 基本分(基本給+扶養手当+調整手当+役割等級別等加算)×在職期間割合×1.15

 業績分(基本給+基本給に係る調整手当+役割等級別加算)×在職期間割合×査定区分に応じた成績率

       査定区分          成績率 増減月数

A査定
上位2%
1.83
0.73
B査定
上位12%程度
1.46
0.36
C査定
全体の76
1.10
0.00
D査定
90点以下(10%以下)
0.83
0.27
E査定
60点以下(1%以下)
           戒告
           減給
停職(1か月未満の停職に限る)
停職(1か月未満の停職を除く)
          その他
 
0.83
0.78
0.74
0.56
0.64
 
0.27
0.32
0.36
0.54
0.46

職場の声
●オーストラリアの物流会社の経営失敗で400億円以上の損失を出しても社長は「充分体力がある」として株主配当も行った。社員にも年間4.4月の一時金を出せるはずです。
 
●期間雇用社員や高齢者再雇用社員に対しても社員と同様の一時金の支給をしてほしい
 
 
 
●チームワークでしている仕事なのにこんなに差がつくのはおかしい・・・
 
 
 
 

 

0 件のコメント:

コメントを投稿