2017年12月28日木曜日

12月27日支部ニュース

部十代ニュース



緩和ケア病棟、夜勤3人体制実現

 支部は緩和ケア開設時から深夜勤3人体制を求め、交渉してきました。今回実現できて本当に良かったです。
111日より労働時間適正管理看護師部門でスタート

 情報収集や点滴、与薬準備等の為勤務開始前にかなり早く出勤していた問題。申し送り時間変更や業務手順見直しで是正されました
 
 
可動式電子カルテ不足は深刻!
 
 
日本郵便で働く非正規社員の待遇改善求める裁判、全面勝利判決
 年末年始手当、住居手当、花期・冬期手当、病気休暇が全く支給されないことは労働契約法20条に違反する。会社は高裁に控訴。
 
 
 
育児休業明け一律復帰を是正させる
 育児休業明けは4月が圧倒的に多くなります。しかし、慣らし保育のため、実際の職場復帰は中旬になります。いつ復帰するかは本人が決定できます。
病院は1日に全員を復帰させ、年休付与をしていました。組合の申し入れにより病院は直ちに是正をしました。
 
 
 
育児部分休業取得者 時間で帰れない
 育児介護休業法23条に違反しているとして要求書提出。その結果改善しました
 
 
2年連続賃上げゼロ
 時給200円、正社員2万円、年間ボーナス4.4か月要求。会社のゼロ回答に抗議し、ストライキ行う。
日本郵政、 買収したオーストラリア物流会社の経営失敗で4000億円超える損失だす
 
 過去にも日通との統合失敗で損失を生み、労働者の大幅賃下げで乗り切りました。今回は、社長は会社に十分体力があるとして株主配当実施。
 
 
健康診断は、基本的には
勤務時間に受けるもの -
 業務が深夜勤のみの人や夜勤明けでしか受検できなかった人がいました。対象者には賃金が支払われました。 次回からは日勤で受検できるようにすることが必要です。
介護保険法改悪
 2015年から2割負担(年収280万円以上) 20188月から3割負担(年収340万円以上)
 
 
 
 
 
 

 

0 件のコメント:

コメントを投稿